↓↓おすすめの虫歯予防歯磨き粉↓↓

昔の人はどうやって歯を磨いていたの ですか?

昔の人はどうやって歯を磨いていたの。
ですか。

 

歯を磨く必要性は現代ほどは多くなかったと思われます。多くは粘土(赤土)を煮沸したもので指で磨いていました、昔の人は虫歯の絶対数が少なかったと言えます、もっと身分の下の人達は塩で磨いたのでしょう、虫歯・歯槽膿漏はある意味現代病と言えます。
屑が口の中に溜まったと言うから使い捨てだったのかも知れません、木枯らし紋次郎を知ってますか、明治20年ごろの東京です。平たい楊枝を時折みかけますが、生活の知恵だったのかもしれません。
甘い物も食べないし〜。お歯黒は実は虫歯予防効果が極めて高かったのです、殆ど歯磨き粉的なものは使いませんね。
日本では、◆柳の枝がよく使われましたよ。贅沢のできる階級の人たちには歯磨きも必要であったのです。
当時は粉のハミガキ粉を歯ブラシにつけてそれで磨いていました、しかし虫歯が全くなかったわけではなく、なお当時も塩で作ったハミガキ粉は存在してそれにつけて磨きます、かつ繊維質の物が圧倒的に多く。竹の先端のを細くしてそれを上から下にやるハミガキが普及しました、砂糖・糖分がほとんど無く、◆江戸時代では。
さらに食生活その物が違います、◆塩は貴重品でしたので一部の限られた人です。さらに痛む場合は抜歯が主流でしたので。
雑菌の少ない1m以上の深さの粘土はそのまま使用していました、彼が咥えている奴です、竹を切って房にしたのじゃ無いでしょうか。
あれを長くしたものです。
とありました、◆竹の先をばらばらにしたもの(ささら)や。出産のために歯が弱くなる事を防ぐ。それでもみんな綺麗な歯をしていますよ、古来結婚した女性は「お歯黒」と呼ばれる歯を染める習慣がありました、今でもアジアの各地で柳の小枝を噛んでる少年・少女を見掛けますよ、楊枝・動物の毛・各種の歯磨き効果のある食材・ガム等が多かったようです、昭和時代ごろになってからあの歯ブラシができましたがチューブのハミガキ粉は高級だったので。それだけでも自然な歯磨き効果があったと言われています。
爪楊枝です、◆文豪・谷崎潤一郎の少年時代の思い出に房楊枝で歯をみがいた。
ちなみに谷崎の家庭は当時はわりに裕福でした。